かさりん大図鑑

葛西臨海公園の情報を中心に、公園から行かれるスポットをご紹介します

MENU

葛西臨海公園は南国なのかもしれない・駅前のワシントンヤシの木

 葛西臨海公園の駅を出ると飛び込んでくるまるで南島のようなこの光景。

f:id:KasarinP:20210731122857j:plain

 私は南国好きなので、初めてこの駅へ降り立った時のワクワク感は今でも覚えています。

ヤシの種類はワシントンヤシ(Washington palm )。 
別名オキナワヤシとも呼ばれる 北米西部の乾燥地域原産のヤシです。

潮風や大気汚染にも強いためよく道路沿いに植えられています。
高さが15〜20mほどに成長するというワシントンヤシ、葛西臨海公園のこの風景も圧巻です。

f:id:KasarinP:20210731123023j:plain

葛西臨海公園のワシントンヤシがどの位の高さまで成長しているかというと、すぐ隣を走る京葉線を軽々と追い抜いてしまっているほど。

f:id:KasarinP:20210731122850j:plain

 ワシントンヤシ(学名: Washingtonia filifera)は幹回りが160cm以上に成長します。


葛西臨海公園に植えられているのは幹が細いので幹回りが90cm程度に成長するワシントンヤシモドキ (学名:Washingtonia robusta )だと思うのですが、表記はワシントンヤシ(Washingtonia filifera)となっています。

f:id:KasarinP:20210731122904j:plain

特別に交配されたものなのでしょうか?
それともこれからグッと太くなってゆくのでしょうか?

最初に植えられた時はどの位のサイズだったのでしょうね。ちょっと気になります。

 

葛西臨海公園は園内にもさまざまな場所でヤシの木を見られます。

こちらは葛西臨海水族園の裏手にあるヤシの木。

f:id:KasarinP:20210731123100j:plain

実は私、 ヤシの木はすべてココナッツの実がなるのかと思っていました。

実はヤシには多くの種類があって、ココナッツがなるココヤシの他にも実がつかないものや、小さなサイズから大きなサイズまで2000〜3000種類。

実もココナッツだけでなく、スーパーフードで人気のデーツがナツメヤシ、アサイーも実はアサイーヤシというヤシの実です。

f:id:KasarinP:20210731122837j:plain

 このヤシになっている実はなんだろう。食べられるのかな?

f:id:KasarinP:20210731123132j:plain

こちらは海沿いの道に植えられたヤシの木。
同じ種類に見えますが、二種類のヤシが植えられているのだそうです。

f:id:KasarinP:20210731122844j:plain

これは駐車場の横・鳥類園入口にあるトイレ前のヤシの木。丸みがあってかわいいいのでお気に入りです。

それぞれのヤシの木についても、また改めてご紹介します。 

■葛西臨海公園■

JR京葉線 葛西臨海公園駅徒歩1分
入園料:無料
住所:〒134-0086 東京都江戸川区臨海町6丁目2

注)2021年6月1日~9月8日は東京2020オリンピックの影響で公園駐車場は閉鎖されています